お問い合わせ

フリーズドライに関しての
お問い合わせ・お申し込みについて
アサヒグループ食品株式会社 食品原料事業本部 乳素材・フリーズドライ営業部

ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革 History of company

沿革

1973年
(昭和48年)
食品加工の環境に恵まれた長野県安曇野市に、地域特産品野沢菜漬けを凍結乾燥したお茶漬け素材をはじめ即席麺具材、梅干、果実、野菜などをフリーズドライする旧日本エフディ株式会社が創設された。
1998年
(平成10年)
アサヒグループ食品株式会社が、酵母調味料とともに営業開拓を進めてきた、フリーズドライ食品部門の基盤確立と、売上拡大を図る国内生産拠点として、旧日本エフディ株式会社の業務用フリーズドライ食品製造部門と食品添加物製造部門の営業譲渡を受け、新たにアサヒグループの企業として業務を開始した。
2002年
(平成14年)
管理製造棟新築
2004年
(平成16年)
製品保管庫新築
2005年
(平成17年)
開発製造棟新築
凍結乾燥機1機増設
2007年
(平成19年)
ISO22000認証取得
(2020年 食品安全マネジメントシステムをFSSC22000に一本化)
2009年
(平成21年)

有機加工食品生産工程管理者認定
(登録番号:NB-09031102)

2016年
(平成28年)
アサヒグループに於ける食品事業の再編により新設された、「アサヒグループ食品株式会社」傘下の製造機能会社として、2016年1月よりスタートした。
2018年
(平成30年)

ISO14001認証取得
(登録番号ISO14001-0066913)

2020年
(令和2年)

FSSC22000認証取得
(登録番号FS20J0012)